皮膚科一般治療を行なっています

必要により採血検査で原因検索を行っています。
 蕁麻疹 アトピー性皮膚炎 かぶれ アレルギーによる疾患、
「唇が腫れた」「顔が痒い」「顔が赤くなる」など、皮膚でお困りのことはご相談ください。

皮膚科アレルギー科診療

保険適応になる皮膚科・アレルギー科の一般の診療を行なっています。
皮膚の疾患は、時に皮膚だけに症状がとどまらないことがあります。
皮膚症状が全身性疾患の部分症状として現れている場合、副反応が現れる可能性がある場合、急性に症状が変化する可能性がある場合、緊急採血などが望ましい場合、転倒や外傷など画像診断が必要な場合などは、対応可能な病院や他科を積極的にご紹介しています。まずはお電話でお問い合わせください。

成人のアトピー性皮膚炎の患者さんを対象として外来を行なっています

アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア障害と、アレルギー体質をお持ちの方による慢性の疾患です。
長期の継続した治療が必要となります。
最近は多くの薬が開発されたこと、アレルギー体質や増悪因子の検索ができるようになったことにより、きめ細かな生活指導ができるようになりました。
皮膚症状をうまくコントロールし、日常生活に支障がない状況を保つことを目標に診療を行なっています。
具体的には、保湿薬と抗アレルギー剤などの内服を主体に、皮膚の炎症程度に応じたステロイドの外用薬や免疫調節薬(商品名プロトピック軟膏)の外用を併用するスタンダードな治療方法を基本としていますが、重症の方には紫外線療法(ナローバンドUVB)  治療も行なっています。
また、ウィルスや細菌感染症を合併した場合には内服薬や外用薬で治療しますが必要に応じて治療とともに生活する上での注意事項をお話ししています。
女性のプライベートパーツの治療も担当しています。バストトップのジュクジュク、ただれ、かゆみなどもよくあるご相談です。慢性ニキビなどスキンケアなどのご相談や積極的にプロアクティブ療法も行なっています。

皮膚の色素脱失と増加する疾患について

母斑細胞母斑(俗にいう良性のホクロ)、老人性色素斑(俗にいうシミ)、肝斑、太田母斑、扁平母斑、異所性蒙古斑、外傷性刺青や尋常性白斑などを治療しています。
治療方法は手術療法に加え、炭酸ガスレーザーやQスイッチ式ルビーレーザー、PDL、YAGレーザーなどを使用しています。
部位や症状と大きさなどにより傷跡になりにくい治療方法をお話ししています。
尋常性白斑については外用治療だけでなく、難治症例に対しては紫外線治療(全身型Narrow-band UVB)も行っています。
口唇の色素斑や色素沈着、体のあざにも治療を行なっていますが、症状により治療方法は変わります。
まずは診察にお越しください。