大江橋クリニック 【公式】皮膚科・アレルギー科 【下まぶたのたるみ】

下眼瞼(したまぶた)のたるみ

ここでは下瞼のたるみの成因と治療方法につきご説明しています。

1、フェイササイズ
毎日の筋トレだけでよくなる方もあります。
フェイササイズは副院長がスキンケア診察で治療しています。

2、フィラー治療
いわゆる数珠玉と言われるダマにはなりにくい治療を行なっています。
持ちが良く少ない量で治療できるよう心がけています。

3、レーザー治療
ひきしめレーザーを使います。
痛くなくダウンタイムがありません。赤みは翌日には消える方がほとんどです。

4、手術治療
手技について詳しく説明しています。

大江橋クリニック

◼️形成外科・美容外科
◼️皮膚科・アレルギー科

〒530-0047
大阪市北区西天満1-2-5 大阪JAビル1階

☎️ 06-6365-3500

電話受付 月〜金10:00-13:00 16:00-19:00 第一土曜のみ10:00-13:00
お気軽にお問い合わせください。 

下瞼のたるみ手術は多くあるご相談の一つです。
手術した後は良くても、将来的にボッコリ目の下が凹まない手術方法で行っています。
手術適応か医師が診察いたします。
まずはご相談ください。