院内処方について

患者様のご負担とお手間が少なくなるように院内処方を取り入れています。
院内処方についてご説明いたします。

院内処方って何ですか?

院内処方は、クリニックでお薬を処方することです。
院外処方とは、調剤薬局などを通してお薬を処方することです。
大江橋クリニックは患者様のご負担をなるべく軽減するために開院当時より院内処方を続けています。

院内処方の利点は何ですか?

調剤薬局などを介さずお薬が処方できます。
一番の利点は、患者様のご負担される費用が少なくなることです。
患者様が、調剤薬局に出向く労力や時間を削減できます。
かゆい、痛いなどの症状を早く収めるためにすぐに飲んでいただけます。
もちろん、院外処方箋も発行できますのでお気軽にお話しください。
ジェネリック医薬品のお取り扱いもございます。

お一人お一人に合わせた治療を


症状に合わせて、お薬の使い方をお話ししています。
必要に応じて、お薬のパンフレット、当院で作成した説明書や冊子なども使ってご説明をしています。
患者様に受付でもう一度確認していただけますので、ご質問を受けやすく、お薬の変更や追加などは調剤薬局に比べて簡単にできます。
よくある症状のご相談忘れや聞き漏れなども防ぐことができます。

早く、安価に医療をお届けしたい


院内で調剤するためには役所へ届け出が必要となります。
その上、施設の設置とその管理業務などは複雑で、多くの規制があり最近では多くの医療機関が採算性のよい院外処方を採用しています。
ですが、患者様からすると院外処方は院内処方に比べて、患者様に様々な料金が加算されますので、患者様の自己負担が高くなってしまいます。
当院では、できる限り院内で処方できるように取り組んでいます。
ジェネリック医薬品も取り扱っています。