大江橋クリニックの皮膚科アレルギー科は

淀屋橋 北浜 南森町にある大江橋クリニックの皮膚科・アレルギー科部門です。
アクセスが良いので、お仕事や学校のお昼休みに、お仕事帰りにお越しいただけます。
形成外科医と皮膚科医がそれぞれ常勤で診療していますので、皮膚科一般、ニキビなど肌荒れ、アレルギー、急な腫れ物、できものなど皮膚のご相談に幅広く対応しています。
治療は、皮膚科医が得意とする軟膏療法、内服療法、光線療法に加えて、皮膚外科治療、レーザー治療、ケミカルピーリングなどの処置なども行なっています。
皮膚科疾患はアトピー性皮膚炎や慢性じんましんなど治療に長くかかることが多いため、ゆっくり時間をとってお話できるように院内環境に工夫を凝らしました。
お一人お一人のお悩みに最も適した有益な治療がかなえられる診療を心がけております。

皮膚科・アレルギー科担当医師

皮膚科学会専門医でアレルギー学会専門医の女医 小川 基美が診療をしています。
診察は、疾患について説明をすることを大切にしています。必要であれば、絵や図、統計などを使って病気の説明をしています。お薬についても、できるだけお薬の使い方などもていねいに説明をして、理解をしていただいた上で治療をしていく方針です。入院や検査などが必要なときは、各専門の信頼できる先生や対応できる施設を紹介してます。クリニックを始めるに際し、皮膚科の他にも皮膚科と共観する疾患を担当するさまざまな科の先生の指導を受けました。大学病院、基幹病院、クリニックと働く場は変化しても皮膚科の専門性を失わず知的な探究心を持ち続けながら皮膚科医として努めたいと考えております。よろしくお願いいたします。

必要であれば最良と思われる医師をご紹介しています

皮膚科は科の特性より、比較的他の科の先生方と連絡を取り合いながら治療することが多い科です。
私たちの専門領域以外のご相談に関してもある程度対応できるように、様々な先生方から最近の知見をお教えいただきながら、大切な患者様をきちんとした医療機関にご紹介できるようにいつも心を配っています。内科、産婦人科、眼科、耳鼻科、整形外科、血管外科、麻酔科、精神科、心療内科、病理診断科などのバックアップ病院の先生方は、大江橋クリニックの力強い味方です。また、大江橋クリニックが淀屋橋・北浜・南森町に移転するにあたり、他の科の先生方に多大なお力添えを賜りました。

淀屋橋 北浜 南森町の大江橋クリニックであるように

「淀屋橋・北浜・南森町に医学的根拠のあるきちんとした医療を。」という動きから始まったその輪はどんどん広がり、近隣の産業医の先生方、各会社の診療所の先生方、看護師や薬剤師の先生方にご教授いただくことばかりでしたが、現在では近隣の他の科の先生がわざわざお越しくださるだけでなく、患者様を多くご紹介くださるようになりました。保険診療はもちろんのこと、美容治療は大江橋クリニックで。とご指名を受けることもしばしばで大変ありがたく感謝しています。

原田皮フ科の原田先生にもお力添えを賜りました 感謝いたします

中でも有り難かったことは、長く朝日新聞ビルの中で開業されていた原田皮膚科の原田先生が移転される際に、私は多くの皮膚科の患者様を引き継がせていただいたことです。お陰で私は移転して間も無く、はからずも淀屋橋・北浜・南森町での医療傾向や際立って多い疾患や傾向などを原田先生の切り口から教えていただいたわけです。原田先生との素晴らしいご縁は今でも続き、原田先生からは、今でも多くのことを学ばせていただいています。(原田先生は現在は東住吉区矢田で開業されています。)

大江橋クリニックはご相談しやすい場でありたいと思います

井上医院が開院してから55年、大江橋クリニックとして名称を変え、はや十数年が過ぎました。
ひとえに患者様のご支援の賜物と感謝しております。この頃、私も気がつけば、先代達のように、「皮膚科とは畑違いだと思うんだけど、この病気はどこの病院に行ったらいい?」や、「こんなことで困っているんだけど。どこの科に行ったらいいの?」と、患者様からよく聞かれるようになりました。嬉しい限りです。皮膚科・アレルギー科の治療だけでなく、医療のお悩みを気安く相談できる場所であればと考えております。皆様に心やすい隣人であれるようこれからも努力してまいります。今後とも宜しくお願い申し上げます。

院内処方を取り入れています

「痒い」
「痛い」
「赤いのを早くなんとかしたい。」
「顔が腫れた。」
皮膚科のお薬は早く服用や外用したい方が多いようです。
院内処方を維持することは昨今は大変なことですが、患者様の医療費のご負担が少なくなるように、お手間が少なくなるようにと取り扱いを続けております。
もちろん院外処方を発行することもできます。
ご希望の方は、お気軽にお話しください。

今まで治療をあきらめていませんでしたか?

クリニックは上質な安心感を大切にしています。特別に一台だけ注文製作された医療機器なども揃えている皮膚科専門のクリニックです。家具も大江橋クリニックにしかないものもございます。おくつろぎいただけるようクリニックの家具は主にイタリアのカッシーナやその他特別注文して誂えました。近くには大阪市役所、日本銀行、中之島公会堂、高等裁判所、弁護士会館、東洋陶磁美術館などがあり落ち着いた環境です。
ドラマで有名になった  五代友厚の像 証券取引所前より

中之島でゆったりと

バラ園は目の前です。バラが咲くころはオフィスの周りがバラの花の香りで満たされてエレガントな雰囲気が漂います。日本三大祭りの一つ、天神祭の御神事が行われる鉾流橋や大阪天満宮もすぐそばにあります。公園で中之島のベンチでお弁当を食べたり、ランチをとったり、バラを愛でたり、神社に詣でたり、お祭りや花火を鑑賞したりと、中之島の四季と行事を地域の方々と楽しみながら働いています。患者様にもこの雰囲気を楽しんでいただき、中之島で心も体もおくつろぎいただけましたらと思います。大江橋クリニックは、北浜駅から歩いて3分です。淀屋橋から歩いて7分です。のんびりした環境でゆったり受診いただけるクリニックを目指しています。

人によって皮膚科の治療が違うのはどうして?

皮膚は、身体に加えられる様々な影響(その影響は内からも外からも加えられます)に鋭敏に反応します。
たとえば感情が波打っただけで頬が赤くなる。日に当たると日焼けをする。その量や時間により黒くもなり皮がめくれもします。ですが適切な治療をすると、そういった反応を最小限にとめる事が出来ます。
どうしてそういった反応を起こすのか?次に起こる反応は?この作用をとめるには?同じ病名でも、人により、あるいはその疾患のステージにより、治療方法や説明が違うのはこのためです。

どうして患部を見るの?

皮膚科の診療は、患部を見ることから始まります。ご協力いただけましたらありがたいです。まず拝見してから判断いたします。皮膚科学は内科などと違い、肉眼的な所見、つまり症状を見極めることから発達した臨床医学の一系です。最近は特に研究が進み、皮膚にも色々な働きがあることが解明され、身体の内部を覆う単なる革袋だけではないことが分かっています。

患部と照らし合わせながらご相談をお伺いしています

ある先生は、私にこう言いました。
「まずは見よ。そしてそこから考えよ。皮膚疾患の診断は、皮膚病変を理解することから始まるのだ。」
私が忘れられない言葉のひとつです。
この言葉を胸に刻んで治療をすすめています。私も、他の先生方と同じくたくさんの高名な先生方から皮膚の構造や機能に基づき、病態生理からみた皮膚疾患の考え方というものを学ばせていただきました。上に、相談しやすく、かつ皆様に最良の治療がかなえられる診療を心がけています。

皮膚科ってどんな病気を見るところ?

皮膚科ってどんな病気を扱うのか一般的にはあまり知られていないようです。
皮膚のかゆみや発疹、皮膚の色のご相談、アレルギー、ウィルスや細菌感染症、皮膚の血流異常、薬や食べ物で起こる皮膚反応など皮膚にできる発疹や皮膚のできものなどを取り扱います。
具体的には、蕁麻疹、水虫、アトピー性皮膚炎、ヘルペスなどと言うと、あぁと思い当たられる方が多くなります。

皮膚科に行ったらいいのか迷ったら?

皮膚科の扱う疾患は体の表をおおう皮膚、髪、爪、汗の病気など意外と広い範囲に渡ります。見えないところや例えば目玉や耳の中などはそれぞれ眼科や耳鼻科の先生にお願いしています。
皮膚にできていて目に見えるものはご相談いただくと良いと思いますが、まずはお電話でお問い合わせください。


具体的にはどんな病気がありますか?

かぶれ、虫刺され、いぼ、黒子、あざ、皮膚の色むら、色素沈着などの皮膚に出てくる発疹だけでなく、ヤケドや外傷などによる皮膚のキズなども治療を行なっています。
できてしまった傷跡や跡形の治療にも力を入れています。傷跡直しにおいては創傷治癒の基礎的研究にも参加しています。

大江橋クリニックの特徴は?

大江橋クリニックの特徴としては、形成外科と皮膚科の医者が常勤していますので、手術、レーザー治療、アレルギー治療など各専門を生かし幅広く対応できます。
ちょっとした皮膚の変化でも、お気軽にお問い合わせください。

皮膚科・アレルギー科で検査って必要なの?

皮膚病は目に見えるため診断がしやすいように思われますが、実は同じように見えていても似たような病気が種々あり、見ただけでは診断を確定するのが難しい場合があります。
日本の皮膚科は世界をリードしているとはいえまだまだ皮膚の疾患には難病が多く、その病因すら明らかになっていない疾患が数多くあることが現状です。
必要であれば、皮膚科でも採血検査や皮膚検査などを行い診断の補助に使います。
疾患によっては皮膚だけに症状がおさまらず、全身の検査を必要とすることがあります。
病理診断医など提携病院の各科の専門医にも相談し、カンファレンスで議論するなどすることにより、より質の高い診断と治療が行われるように努力しています。

ご相談はお気軽にお早めに

皮膚の疾患の一部は時に皮膚だけに症状が治まらないことがあります。お薬や食べ物のアレルギー、感染症などの中には、症状の推移が早いものがあります。
特に症状がどんどん広がってくる場合、全身に症状が出た場合は早めのご相談をお願いしています。
「ささいなこと。」「毎回のこと。」でもお気軽に。「ちょっといつもと違うかな?」と思われたらお早めにご相談ください。
アットホームな皮膚のかかりつけ医を目指しています。

提携病院が多く多岐にわたることも特徴です

皮膚症状は皮膚だけにとどまらないことがあります。
皮膚症状が全身性疾患の部分症状として現れている場合、副反応が現れる可能性がある場合、急性に症状が変化する可能性がある場合、入院や緊急検査などが望ましい場合、転倒や外傷などで画像診断が必要な場合などは、対応可能な病院や他の診療科の専門の先生にご紹介しています。紹介先を多く持っていることも特徴です。症状により医師にご相談ください。

大江橋クリニックの特徴

院内環境から医師の特徴までご紹介いたします。

看板は一切ありません。
現在では、大阪一秘境の「形成外科皮膚科」、よく言えば隠れ家の「形成外科皮膚科」と言われているそうです。
クチコミのみで55年。ご紹介の方が多いのが特徴です。

スタッフはのんびりやってます。
カンファレンスで、スタッフが「大江橋クリニックに勤めて、仕事の真髄はわからないけど近場の美味しいイタリアンは答えられるようになりました!」と発表するような、そんなクリニックです。

そんなふうなゆったりしたクリニックがあってもいいんじゃないかと思いありのままでやってます。

大江橋クリニックってこんなところです

医学根拠のある確かな医療を身近にお届けしたい。
昭和38年に開業しました。旧井上医院です。
皮膚のご相談を幅広くお受けできるように、形成外科と皮膚科の医師が常勤します。
手術器具、レーザーなどの医療機器、紫外線治療器などを揃えています。

いつお越しいただいても同じ医者が診察いたします

患者様と向き合う治療をモットーとしています。
開院以来、診察や処置は全て医師が行います。

経過診察も処置も術後の経過観察も、大切な医療です。
いつお越しいただいても同じ医者が拝見し、きちんと医師がご相談を承ります。

ご相談はお気軽にお早めに

皮膚の疾患の一部は時に皮膚だけに症状が治まらないことがあります。お薬や食べ物のアレルギー、感染症などの中には、症状の推移が早いものがあります。
特に症状がどんどん広がってくる場合、全身に症状が出た場合は早めのご相談をお願いしています。
「ささいなこと。」「毎回のこと。」でもお気軽に。「ちょっといつもと違うかな?」と思われたらお早めにご相談ください。
アットホームな皮膚のかかりつけ医を目指しています。

皮膚科ってどんな病気を見るところ?

皮膚科ってどんな病気を扱うのか一般的にはあまり知られていないようです。
皮膚科はアレルギー、ウィルスや細菌感染症など皮膚にできる発疹や皮膚のできものなどを取り扱います。
具体的には、蕁麻疹、水虫、アトピー性皮膚炎、ヘルペスなどと言うと、あぁと思い当たられる方が多くなります。

手術やレーザー治療

レーザー治療、手術もご相談により小川医師が担当したします。
ご希望の方はご相談ください。

現在のところ小川医師の美容レーザー枠は満席です。
女性のIVOラインのみ新規の方をお受けしています。

大江橋クリニックの中はこんな感じです

「病院らしくないクリニック空間作り」にこだわり、
お話しやすい環境でゆったりとおくつろぎいただいけるように心がけました。
造作、天井高、床下の歩いた感触まで手を入れました。
自分の家よりも熱心に、建築士と図面と首っ引きで完成させました。
毎日図面を引いていると不思議なもので、最終的には、2次元の図面を広げると自分が頭の中で図面の中を3次元で歩けるようになりました。
患者様として建築家さんがお越しになると、お気づきになるようでその話で花が咲きます。
気に入っていただけるとうれしいです。

什器は使いやすさに重点を置きました

使いやすさを一番に。
高級感だけが先に立つものは避けました。
背中に馴染む椅子、まあるいフロアライト、大きな鏡のついたマホガニーのドレッサーや両袖に細工があって手に馴染むソファーから始まり、
家具も内装も、端々にこだわりを取り入れました。
什器もちょっと手を加えると居心地が良くなります。
皆様におくつろぎいただければうれしく思います。

調度はイタリアのカッシーナや、国産でもちょっとした細工を加えて大江橋クリニック仕様の物にしてもらいました。
特にレアにこだわったわけではないですが、一点物や今は廃番になった物もあり、懐かしい物もお手に取っていただけます。
「まるでお友達のお部屋に招かれた感じ。」というのがコンセプトです。

建築やインテリアがおすきな人にはお越しいただくとクリニックの随所で、私たちのこだわりを読み取っていただけると思います。

大江橋クリニック の今まで

大昔の医学界には、教授職の次は市民病院病院長職という格付けがありました。

「俺たちのやりたい医療はこんなんじゃない!」
大学病院と市民病院を飛び出し、開業医になるという当時では破天荒な考えから始まった二人の医師が始めた
井上医院から現在の大江橋クリニックまで

大江橋クリニックの前身は井上医院です。昭和38年に創立した脳外科と耳鼻科のクリニックでした

前院長である脳外科医・井上武雄と副院長の耳鼻科医であった井上孝雄は、それぞれの分野で診療に力を注ぐとともに、手術に際しては医師二人が協力し、一方が麻酔と全身管理を受け持ち手術スタッフ全員を監督し、もう一人の医師が患部の治療に全力を注ぐという、当時では珍しかった医師二人による手術体制を導入し、頭頸部のご相談は井上医院にお任せいただいていました。
大学病院でも市民病院でもまだ完備できなかった頭頸部専門の病院。
これこそが二人のやりたかった医療でした。
当時は大学病院でも難易とされた頭頸部手術の全身麻酔手術を二人が担当し、かなりの症例数と難しい症例をこなしていました。頭頸部の手術のみならず、痛くない麻酔、腫れにくい術後、きれいな傷跡を、など当時はあまり重要視されていなかった患者様のニーズにもお答えできる手術をも標榜していました。

”傷跡なおし”当時としては画期的なことでした

大江橋クリニックの得意とする分野の一つ「傷跡をキレイに」という治療方法の礎はここから出発します。
二人は、現在では当たり前になった頭頸部の手術に必要な手技の一つ、「傷跡をキレイに手術する。」をその当時から実践していました。
そもそも傷跡という概念すらなく、形成外科という診療科の存在すらなかった当時から、
現在の形成外科治療には欠かせない、皮膚腫瘍摘出に際し皮膚に縫合跡を残さない皮下埋没縫合を工夫したり、臍ヘルニア(出べその修正手術)を行ったりと、当時の日本の教科書や日本の医局では習得できなかった形成外科的な診療、美容外科的な診療を行っていました。
現在の巻き爪治療では標準となった、入院の必要ない巻き爪治療「フェノール法」を当時から導入していました。
(この頃より、頭頸部が専門ではありましたが、人生相談から専門外の相談まで。当時を紐解くと様々なご相談を受けていたようです。)

専門病院になろう!

「頭頸部は井上医院へ。」
こういった概念も当時では海外を含めても珍しいことでした。
頭頸部のご相談を、網羅することは、現在は海外では珍しくありませんが、日本ではまだまだ浸透していません。
(例えば海外では足専門の病院とは足の外反母趾から巻き爪、水虫、骨折、靭帯損傷など足に関係することは全て診る病院のことです。)
頭頸部の手術は当時は外傷も多く、顔や耳の手術も自然と受けていました。そこから、「外傷は井上医院。」
「井上医院の手術跡はキレイだ。」から始まり「頭頸部の井上医院。」と呼ばれるようになり、近隣の病院からもご紹介をいただくようになりました。

「患者様へのご配慮も忘れていませんでした」

二人は医療に全力を注ぐだけでなく、「なるべく患者様のご負担を少なくすること。」も忘れてはいませんでした。
ですから医師会の売り上げランキングは毎年、井上医院は、いつもビリかビリから二番目。
当時は入院患者様を多く受け入れ救急外傷にも携わり、二人が朝から晩まで外来に全身麻酔手術にと休みなくフル稼働する井上医院で、手術着がすぐ擦り切れてしまい、二人の医師が何枚も手術着を買い足すために手術着の購入額が毎年一番であったにもかかわらずです。
プライベートなど全くなかった二人ですが、二人は生き生きと働いていました。当時の二人の写真は笑顔ばかりです。スタッフもしかり。先代は今でも当時のことをよく私たちに語り、私たちはそんな先代達を誇りに思っています。

大江橋クリニックとして新たに改革を

今から十数年前、医療が様々な革新を始めた頃、私たちは井上医院を新たな方向に転換させました。
大江橋クリニックの誕生です。先代達から培った豊富な症例数と、形成外科医として日本にレーザー治療が上陸して以来ずっと治療に携わってきた経験を生かし、最新の医療機器やレーザー機器を揃えて傷跡の専門クリニックとして、特に耳や目の修正専門クリニックとして新たなスタートを切りました。
もちろん井上医院を井上医院のままに継続させる方向もありました。
ですが、そのままでは現状維持なだけです。

「皮膚のご相談は大江橋クリニックに!」

井上医院の精神は井上医院が大江橋クリニックと名称を変更しても、現院長の形成外科医である井上研に引き継がれています。
医師二人体制も存続しています。
皮膚科は、皮膚科学会専門医・アレルギー学会専門医の女医小川医師が担当しています。
皮膚のご相談でしたら手術からアレルギーまでご相談いただけるとともに、医師二人による手術体制は現在にも受け継がれ、形成外科手術の際のサポートは、形成外科及び外科領域の経験を積んだ小川医師が勤めます。

長年医療に携わった経験をもとに

「患者様の目線に立った」とはよく使われるキャッチフレーズです。
長年、きちんと実践することは難しいことです。今になって先代達の苦労と努力をしみじみ思います。
大江橋クリニックは開業医としては55周年を迎えました。先代達の教えを胸に、これからも皆様のお役にたてるように、そしてますます愛されるクリニックになれるように、独自のスタンスを保ちながら医学的根拠のある治療をご提供できるようにスタッフ一同精進してまいります。
大江橋クリニックをよろしくお願いいたします。

大江橋クリニック 皮膚科・アレルギー科

大江橋クリニック皮膚科アレルギー科のサイトにようこそ!皮膚科アレルギー科の単独サイトを立ち上げました。
疾患などの詳しい情報は工事中です。将来的にはこちらのサイトの移行していく予定です。
このサイトを通して、小川医師の何事にも一生懸命で明るくほがらかな雰囲気と、大江橋クリニックのアットホーム感や楽しい空気がお届けできればと思います。
大江橋クリニックに来たら元気になる!と言っていただけるようなクリニックを目指しています!

お伝えできればと思うこと

大江橋クリニック皮膚科・アレルギー科のサイトにお越しいただきありがとうございました。私たちの医療に対する想いなどをここに記します。
一期一会という言葉があります。心して医療に携わっているつもりですが、人と人のことです。同じように過ごしていても気持ちが伝わりにくいと感じる時や日もあるように思いましたので、このサイトを立ち上げました。
最後にお読みいただけましたら幸いです。 

お仕事への想い

「大江橋クリニックは看板も宣伝もなくて、大丈夫?」よく聞かれます。このサイトも検索にはかからないかもしれません。昨今は、効率化、合理化が追求されます。ウェブサイトの世界も、同じです。ただただ、検索に引っかかるように。トップに上がるように。検索にかかりやすい言葉ばかり、あるいは単なる広告として作られることが多くなりました。能率的で無駄がないことが大切なのは、理解できます。

大切なのは効率だけ?

ですが、効率ばかり追い求めてしまうと、
「誰がどんな想いで医療をしているクリニックなのか」
そういった想いが、いつのまにかどこかに忘れ去られてしまっているようなそんな気がします。
簡単にいうと、患者様のお手元にはただの”薬”という物が残るだけになってしまうのではないか。ただの心配だけかもしれません。ですが、本当にそうなれば、そこに存在するのは、医療ではなく、ただ”物”と”貨幣”の交換だけです。

想いが通じ合うのが難しいのは世界共通?

イギリスの学生たちが開発した、相手の気持ちを察することにできる発明品が世を賑わせています。
早くいうと、お互いがどの程度好意を持っているか心拍数や発汗や目線などをデータ化して教えてくれるデバイスです。
「運命の出会いをアシストします。」というキャッチコピーとともに、コメントが掲載されていました。「テクノロジーの進化で、仮想現実の世界はどんどん充実していく一方、現実世界は他人との直接コミュニケーションをとることが難しくなっています。半径1メートルの範囲で起きていることを、私たちはどのくらいリアルに把握しているのでしょう?このインパクトあるプロダクトにこめられた問題提起にハッとする人も多いのではないだろうか。」とその記事は締めくくっています。

伝えよう!

私たちもまさにハッとしました。患者様とすれ違ってしまわないように。私たち大江橋クリニックウェブサイト班は、先人達の想いと現在の私たちの想いをのせて医療とともに患者様にお届けしたいと思いました。

地域医療の役割

受付も医師も患者様にお会いする一度一度が真剣勝負です。
それぞれの想いを受け渡すのは難しいことです。ですがもし私たちの医療が患者様に喜んでいただけることができれば、それが私たちの喜びとなり、それがお互いの明日の糧になる。
そして、こんな心地よい循環と関係性がどんどん広がっていったら、きっと私たちの暮らす社会がもっともっと居心地の良いものになるのではないかと思いました。このサイトが、少しでもその手助けとなれば幸いです。

最後に

私たち、大江橋クリニックの様々な分野で頑張ってます。
日々クリニックはレベルが上がっています。
今後ともよろしくお願いいたします。